ごあいさつ・よもやま話


 新年明けましておめでとうございます。
 皆様には穏やかな新年を迎えたことと思います。

 新しい年となりました。
 昨年は引き続き新型コロナウイルスに振り回された一年でした。今年は是非収束して欲しいと願っています。

 お正月の1月3日に浅草神社へ初詣に行きました。
浅草は祖父の出身地で、社名を変更した年から毎年正月にお札をもらいに行くようにしています。
 昨年は三が日を避けましたが、今年は大丈夫だろうと3日にしました。浅草はすごい人出でしたがコロナ前の一昨年に比べると7割ほどの人数に見えました。
 例年のごとくお参りを終えた後、おみくじを引きました。結果は「半吉」でした。あまり聞きなれませんが「中吉」になるのでしょうか? 良くも悪くもなくまあまあって感じです。浅草神社(浅草寺)のおみくじは凶、大凶が普通に入っていて何年か前に正月早々凶を引いたことがあります。あまり占いは信じないほうですが、引くならやっぱり凶よりも吉のほうがいいですね。

 占いと言えば、先日帰宅すると家内にベッドの向きを西枕に変えたほうがいいと言われました。聞くと風水師に家相を見てもらったらその日までの自分の南枕は最悪だそうで、このままだと病気にはなるし金運も悪くなるとの事。勝手なことを言う見たこともない風水師に「何様だい」と思いつつも、その通りになって「そら見たことか」と言われるのもしゃくなので、その日のうちにおとなしく部屋の模様替えをしました。
 自分としては、未来を見ることのできる人間なんてこの世の中には存在しないと思っています。ただ、人類の長い歴史の中である程度の傾向みたいなものがあって、この誕生月の人が南枕で寝ると病気になりやすいとか手相のこの線が長い人には金持ちが多いとか、A型の血液の人には細かい人が多いとかがあるのかもしれません。それをまとめたものが風水とか占いと言われるものなのでしょう。でもこの確率だって50%を超えるものではないと思います。
 結局自分の都合のいいことは信じて都合の悪いことは頭の片隅に入れておいて少し用心するくらいがいいのかなって思います。

 今年は五黄の虎だそうで36年に一度の金運の上がる年だとテレビでやっていました。
 一昨年からご多分に漏れずコロナ禍でなかなか大変です。うちに五黄の虎はやってくるか分かりませんが今年もやるからには楽しく前向きに行ければと思います。

 今年一年の皆様の健康を願いつつ 本年もどうぞよろしくお願いします。
パスワード:
株式会社 タートル  
代表取締役 小山康一郎

会社沿革

株式会社 タートル
所在地  〒329-1311
     栃木県さくら市氏家1231-8【マップ
     電話:028-682-8301
     FAX:028-682-8304
創立年月日 1978 年9 月1 日
資本金  1000 万円
業務内容 印刷物やそれに係る企画、製造、販売